スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 出先 > 東藻琴食肉衛生検査所 >  東藻琴の紹介


最終更新日:2018年8月15日(水)

東藻琴について


 当所がある大空町東藻琴(旧東藻琴村)について紹介します。

東藻琴は網走市の南隣に位置する耕作・酪農が盛んな地域です。地元産の牛乳を原料としたチーズ、長芋などの名産品のほか、春の芝桜まつり、夏のロールころがしなどのイベントが知られています。

芝桜:桜に似た形の花を咲かせる多年草で、東藻琴における見ごろは5~6月です。最盛期の「ひがしもこと芝桜公園」ではピンクの絨毯のように咲き誇る芝桜が見られます。

ぜひ一度みていただきたい、東藻琴の芝桜!
ロールころがし:8月に開催される「ノンキーランドふるさとまつり」のメインイベントとして行われる競技です。重さ300~500kgの牧草ロールを4人1チームでゴールまで転がし、タイムを競います。見た目はのどかですが、優勝賞金を狙う上位チームは凄まじい気迫とチームワークを見せてくれます。 ロール転がしで、一緒にいい汗かきませんか?
東藻琴の気候はオホーツク海側らしく年間通じて低温少雨で、冬は時おり強く吹雪きます。年に何度か吹雪による通行止めのため、当所が管轄すると畜場が休場することがあり、そのような日は当所の業務もお休みになることが多いです。 吹雪くと外出不可能な厳しい土地ですが、晴れた日はとっても気持ちイイ!