スマートデバイス表示はこちら

音声で読み上げる  

オホーツクの概要

林業

写真:第51回北海道植樹祭(滝上町)
第51回北海道植樹祭(滝上町)

 管内の森林面積は、770千haで土地総面積の72%を占め、これは全道森林面積の14%に当たります。
 総蓄積は、119,994千㎥で全道森林蓄積の18%を占め、道内の主要な木材生産地となっています。
 また、所管別森林面積では、国有林56%、道有林14%、一般民有林30%となっています。国有林、道有林は天然林の割合が大きく、一般民有林は造林が進み、人口林率は56%に達しています。
 特にカラマツ人工林は、一般民有林人工林面積の49%を占め、管内の気候風土に適した良好な成長を示し、明日の資源として大きく期待されています。
 一方、森林のもつ公益的機能を活用して、学習、スポーツ、レクリエーション活動が盛んになりつつあり、このための施設整備も進められています。