スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 環境生活課 >  負傷動物を保護しています

オホーツクの分類: 環境・まちづくり > オホーツク地域の自然

最終更新日:2017年8月16日(水)

 

負傷動物の保護 イラスト 動物愛護週間行事にきてね。

  

環境生活課ではオホーツク管内全域で怪我等で治療を要する、迷子のペットを保護しています。

オホーツク管内の保健所で保護されている犬猫の保護情報はこちらからご覧いただけます。

 環境生活課保護動物

 保護(治療)収容中

2 匹 

 新しい飼い主募集中

0 匹

 * 犬猫をご覧になりたい場合は、事前にご連絡ください。 

 負傷動物を保護しています 

怪我や病気、衰弱しているところを、保護されました。

お心当たりのある方は、至急ご連絡ください

もし飼い主が現れなかった場合に、この動物を飼いたいという方のご連絡もお待ちしています。

             写真  種類   性別     保護年月日・場所
 chibiko  雑種  メス

平成29年8月15日、北見市無加川町の路上で、動けなくなっているところを保護されました。
骨盤を怪我しています。

 heizo  雑種  オス

平成29年8月4日、能取湖沿岸の道道76号線の路肩で、動けなくなっているところを保護されました。
右大腿部、下顎を怪我しています。

飼い犬には鑑札、注射済票を、猫には迷子札を必ずつけましょう。

室内で飼っている場合でも、何かに驚いて家を飛び出し、見つからなくなるケースがたくさんあります。 愛犬、愛猫が迷子になってしまったときは、すぐにお住まいの市町村、警察、保健所、振興局環境生活課まで連絡しましょう。

 

 新しい飼い主さんを募集しています 

怪我をして保護された動物たちの、新しい飼い主さんを募集しています。

 

 写真 種類   性別  年齢  特徴
       


○終生飼養、避妊去勢手術、猫は室内飼いをお約束いただける方にお譲りしています。

○犬は必ず、市町村役場で登録をし、毎年の狂犬病予防注射を実施してください。

 

お問い合わせ・連絡先

北海道オホーツク総合振興局保健環境部環境生活課主査(動物管理)

電話 0152-41-0632 FAX 0152-44-3122