スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 紋別地域保健室 >  ノロウイルスについて


最終更新日:2018年10月12日(金)


ノロウイルスについて


ノロウイルス感染症胃腸炎に
注意しましょう


ノロウイルスとは

 平成14年8月から小型球形ウイルス(SRSV)が分類上の名称であるノロウイルスと呼ばれるようになりました。
 症状は比較的軽く、重症になることはまれですが、感染しやすく、多くの人がかかるなど被害が拡大することもありますので十分注意してください。


ノロウイルスの特徴

● ノロウイルスによる食中毒は11月~3月までの冬季を中心に多く発生します。

● 人の小腸のみで増殖し(食品のなかでは増殖しません)、少量でも感染します。

● アルコールなどの消毒薬に抵抗性がありますので、塩素系消毒剤が有効です。

他のウイルスと比べ、ノロウイルス特有な特徴は以下のようになります。

○ 下痢だけではなく、嘔吐が多

ノロウイルスは下痢だけではなく嘔吐を引き起こすことが特徴です。下痢であれば、ウイルスはトイレで流されるため広がりにくいのですが、嘔吐の場合、適切に処理・消毒をしないとウイルスが床に残ります。乾燥しホコリと共に空気中に舞い上がり感染が広がっていくこともあります。

手指からの感染ばかり気にする方も多いですが、このような感染経路も気をつけてください。

 ○ 消毒薬に対する抵抗性が強い

ノロウイルスはエンベロープ(宿主細胞の膜)を持っておらず、アルコールや高温に対する抵抗性が強いことが特徴です。また、乾燥や酸にも強く、水中でも長時間生きていることができる非常に厄介なウイルスなのです。そのため、感染力があり、しばしば集団感染を引き起こしてしまうのです。

 ○ 一度かかっても何度も感染することがある

ノロウイルスには多数の遺伝子型が存在するため、同じ人が複数の違った型のウイルスに感染することがあります。さらに、感染が腸粘膜での局所感染なので免疫の持続時間が短いことも特徴です。

よって、一度かかったからといって安心していると、再感染を起こすこともありますので、予防には気をつけましょう。

感染経路

ノロウイルスの感染はほとんどが経口感染(口から体内に入り感染する)であり、次のような感染経路があると考えられています。

感染者のウイルスが大量に含まれる便や吐物などから直接もしくは二次的に感染する場合

調理などを行う食品取扱者が感染しており、その者を介して汚染した食品を食べた場合

ウイルスに汚染された貝類(特に二枚貝)を、生あるいは十分に加熱調理しないで食べた場合

ウイルスに汚染された井戸水や簡易水道を消毒不十分で摂取した場合

などがあります。

特に、食品取扱者を介して二次感染する食中毒のケースが近年増加傾向にあります。

ノロウイルス

症状

○ 潜伏期間:24~48時間(平均36時間)

○ 吐き気、嘔吐、下痢(水様性)、腹痛、発熱(38℃以下)が主症状です。

○ 症状が1~2日続いた後、回復し、後遺症もありませんが、回復してからも通常1週間程度、長いときには1ヶ月程度、便にウイルスが排出されることがあります。

○ 感染しても発症しない(不顕性感染)若しくは風邪のような症状で済む人もいます。

治療法

ノロウイルスには有効な抗ウイルス剤はなく、通常、対症療法が行われます。

特に、免疫力の低い乳幼児や高齢者は脱水症状を起こしたり、体力を消耗したりしないように水分と栄養の補給を充分に行ってください。脱水症状がひどい場合には水分の損失を防ぐために病院で輸液を行うなどの治療が必要になります。

対症療法で大切なことは、強い下痢止め薬を服用しないことです。無理に下痢を止めるとウイルスが腸管内に溜まり、病気の回復を遅らせることがありますので使用しないことが望ましいでしょう。

予防するには

○ 調理前、用便後は石鹸でしっかりと手を洗いましょう。

○ 食品を直接取り扱うときは使い捨て手袋を使用しましょう。

○ 下痢や嘔吐等の症状がある場合は、食品を直接取り扱う作業はしないようにしましょう。

○ 二枚貝は十分に加熱(中心部85℃1分以上)して食べましょう。

○ 二枚貝などを扱った場合は、ふきん、まな板などの調理器具を速やかに洗浄し、市販の塩素系漂白剤(5~6%)を約300倍に薄めたものに5~10分浸して消毒しましょう。

○ 二次感染の予防のため吐物や排泄物を処理する際には、使い捨ての手袋を使用し、もし、床や雑巾などを汚したときは塩素系漂白剤を約50倍に薄めたものに10分間程度浸すか、ふきとるなどして対処しましょう。

二次感染を防ぐために

下痢の症状がなくなったからといって安心してはいけません。患者の便にはしばらくウイルスの排出が続きます。患者の便や嘔吐物を処理する際には使い捨ての手袋を使用し、用便後や調理前の手洗いを徹底しましょう。

便や嘔吐物はペーパータオル等で取り除き、ビニール袋に入れてください。残った便や嘔吐物の上にペーパータオルをかぶせ、その上から50倍~100倍に薄めた市販の塩素系漂白剤を十分浸るように注ぎ、汚染場所を広げないようにペーパータオルでよく拭きましょう。

ウイルスは乾燥すると空気中に漂い、これが口に入って感染することがありますので、便や嘔吐物を乾燥させないことが重要です。

原因となりやすい食品

加熱不十分な二枚貝

加熱しない食品・加熱後に加工する食品

<関連情報のリンク先>

○ 厚生労働省

高齢者介護施設における感染対策マニュアル(平成25年3月)

「ノロウイルスに関するQ&A」

○ 北海道保健福祉部健康安全局

「ノロウイルスによる感染性胃腸炎・食中毒を予防しましょう!!」

「ノロウイルス感染症の二次感染を防止するために」(PDF形式)(2005.1.14)

「ノロウイルス感染症の二次感染を防止するために」(Word形式)(2005.1.13)

○ 北海道立衛生研究所

「ウイルスによる食中毒・感染性胃腸炎」