スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 建設管理部 > 網走建設管理部 >  紋別空港の沿革


最終更新日:2018年10月17日(水)


紋別空港の沿革


 空港の紹介

・空港の沿革

   平成 3年11月 「第6次空港整備5カ年計画」が閣議決定、ジェット化整備採択

   平成 6年 4月 飛行場設置許可(新紋別空港)

   平成 6年 6月 整備事業着手

   平成11年 7月 飛行場及びターミナルビル完成

   平成11年11月 新空港供用開始(新千歳間1往復)

   平成12年 7月 東京国際空港(羽田)便就航

   平成13年 3月 新千歳便休止

   平成13年 4月 丘珠便就航

   平成15年 9月 丘珠便休止

   平成17年 7月 丘珠便就航

   平成17年11月 丘珠便休止

   平成18年 7月 新千歳便就航

   平成18年11月 新千歳便休止

   平成21年 8月 小型ジェット機対応工事着手(ターニングパッド新設)

   平成22年 6月 ターニングパッド完成 供用開始

   平成22年10月 ボーイング737-800に機種変更


トップページへ