道道知床公園線の通行止区間(カムイワッカ~硫黄山登山口)に
おける登山者の歩行利用について

1  平成23年度からの道道知床公園線の通行規制状況

 道道知床公園線では、平成17年度から行ってきた落石防止工事が平成22年度に終了し、平成23年6月1日から冬期通行止期間を除いて、五湖ゲートからカムイワッカまでの一般車両の通行が可能です(ただし、繁忙期等(平成27年度は8/1~8/25、9/19~9/23)はシャトルバスのみの通行となります)。
 また、カムイワッカから先は落石の危険があるため、道路法に基づいて引き続き通行止めとなります。

 2 カムイワッカから硫黄山登山口までの区間(約600メートル)の取り扱い

 落石の危険により通行止が継続する区間内には「硫黄山」への登山口があるため、

 等を勘案し、次のとおり取り扱うこととします。
 

 通行止区間における「特例使用」の取り扱い

 カムイワッカから硫黄山登山口までの区間(約600メートル)は、知床連山の登山ルートの重要拠点である硫黄山登山口への唯一のアクセス道路であることから、落石の危険を理解したうえで「通行止区間の特例使用申請」を行った登山者に限り、徒歩による通行を認めることとします。
 なお、この取り扱いは当面の間、試行として取り組みます(実施状況を評価し、毎年見直します)。

・試行期間(平成27年度は平成27年6月20日から平成27年9月23日までです)
 今年は平成27年6月20日(土)から平成27年9月23日(水)までとなりましたのでお知らせします。
・申請方法
  「道路特例使用承認申請書(Word)」に必要事項を記載して、持参の外、下記のいずれかの方法(郵送、FAX、電子メール)で事前に提出願います。申請書の提出によって、申請書に記載されている「確約事項」を遵守していただくことになりますので留意願います。申請者以外に同行者が5名以上いる場合は、「道路特例使用申請書(別紙)(Word)」にも必要事項を記載して申請書と合わせて提出願います。

 ※ 申請書が提出されたことをもって通行を承認しますので、当方から発出する書類はありません。

 なお、本年度も硫黄山登山口など別口から入山される場合でやむを得ず事前に申請書を提出できなかった場合、当面の措置としてカムイワッカゲート前に記載台を設置して申請書用紙も置いていますので、記入のうえ投函箱に入れてください。
 しかし、この記載台は一時的に設置しているもので、老朽化等により損壊した場合は撤去します。
 申請書は事前に提出していただくことが基本ルールですので、このルールをご理解のうえ、通行予定日が決まりましたら必ず事前提出(郵送、FAX、電子メール等)してください。
特例区間の道路使用に係る事務取扱要領の閲覧はこちら(Word)
  

 ● 申請書様式(wordファイル)へのリンク

 ● 申請書別紙(wordファイル)へのリンク(同行者が5名以上の場合に申請書に添付)

 提出方法

送付、送信先 

 郵送 〒093-8670
 北海道網走市北7条西3丁目
 北海道オホーツク総合振興局 網走建設管理部用地管理室管理課 管理第二係 宛 
 FAX

 FAX番号:0152-43-4953
あて先:北海道オホーツク総合振興局 網走建設管理部用地管理室管理課 管理第二係 宛

 電子メール  abashiridoboku.kanri1@pref.hokkaido.lg.jp 
(アドレスをクリックするとメールソフトが起動)

 

 
 

 3 カムイワッカに車両を置いて登山される方へ

 (1)当地区のスペースは限られています。
 車両を置いての登山は長時間になると思いますが、当地区には2台程度のスペースしかありません。このスペースが満杯の場合は、カムイワッカ地区より手前にある待避所などを利用してください。
 また、観光で訪れる方々との混乱を避けるため、現地状況や案内板(PDF)を確認のうえ、適切な利用をお願いします。
 <現地の概略図を見る(PDF)

 (2)マイカー規制
 試行期間中、は、カムイワッカ地区自動車利用適正化対策連絡協議会により、マイカーの乗り入れが規制され、シャトルバスのみの運行となります。(シャトルバスに乗車するには、事前に乗車券を購入する必要があるとのことですのでご注意ください。) 
 これに備えて、前日17:00に五湖ゲートを閉じますので、カムイワッカ地区に自動車を駐車される方は、必ずこの時刻までにゲートから退出してください(マイカー規制区間の地図)。

 

 ←第1回7月31日17:00
 ←第2回9月18日17:00

← 8月1日~8月25日→
←9月19日~9月23日→

 ←8月26日
 ←9月24日
 解放→

 ←ゲート閉鎖

←シャトルバス運行→ 

 ←解放
   この期間内は、ゲートが閉鎖され、 一般車の乗り入れは規制されます。   

4 落石の危険について

 落石はエゾシカなどの移動でも発生することがあり予測が出来ません。路面の落石の状況や斜面からの音などに注意を払って通行してください。


 参考写真:上部の不安定岩塊と、過去の大規模崩落跡(H23.5.16撮影)写真:カムイワッカ危険箇所。斜面に崩落後が残っている。
※車両停車位置から左側方向が硫黄山登山口方面となります。

5 異常気象時の通行規制について

 道道知床公園線は、北海道の異常気象時通行規制基準によって、時間雨量30mm、連続雨量70mmを観測したときに通行規制をかける路線になっています。この場合、国道334号交点のゲートが閉鎖されますのでご注意ください(地図を表示)。
 通行規制の状況、通行規制に伴うゲートの開閉につきましては、オホーツク総合振興局網走建設管理部斜里出張所(☎0152-23-3141)にお問い合わせください。

6 お問い合わせ先

 【道路特例使用申請に関すること】
  オホーツク総合振興局 網走建設管理部用地管理室管理課 管理第二係
   ☎:0152-41-0726(直通)
   E-mail:abashiridoboku.kanri1@pref.hokkaido.lg.jp

 【カムイワッカ湯の滝、シャトルバス運行、その他登山・観光全般に関すること】
  (1)知床観光案内所
   ☎:0152-24-2639
   公式HPアドレス:http://www.shiretoko.asia/
  (2)斜里町役場 商工観光課 観光係
   ☎:0152-23-3131(代表)
   公式HPアドレス:http://www.town.shari.hokkaido.jp/
 <網走建設管理部のトップページに戻る>