スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 森林室 > 西部森林室 >  「道有林材の利用促進」に関する協定トップページ


最終更新日:2018年9月11日(火)


「道有林材の利用促進」に関する協定


 オホーツク総合振興局西部森林室及び網走西部流域ではカラマツ トドマツ人工林が利用期を迎えており人工林資源を有効に活用する取り組みは喫緊の課題となっています。  当振興局は、道有林材の利用促進・販路拡大を進めるため、生産加工流通業者やハウスメーカー、木材卸売り業者と連携し道有林材の利用促進に関する協定の締結を進めています。

アイルホーム株式会社との協定へのリンク  協定トップ写真(アイルホーム)    株式会社東京木工所へのリンク

左の写真は2017年11月29日の、アイルホーム株式会社、こうゆうちく森林育成協同組合との協定      右の写真は2018年3月14日の、株式会社東京木工所、こうゆうちく森林育成協同組合との協定

協定トップイメージ