スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 森林室 > 西部森林室 >  河川水獨度調査について

オホーツクの分類: 産業・経済 > 森林・林業

最終更新日:2020年6月19日(金)


河川水獨度調査について


河 川 水 濁 度 調 査 に つ い て
オホーツク総合振興局西部森林室 
 
 
1 調査の目的
    道では、道民の皆さまへ森林機能と森林施業への理解を深めていただくとともに、海域を含めた流域環境の保全を図ることを目的に河川水の濁度調査を実施しております。

2 調査対象箇所
 (1)  調査対象河川
  1. 興部川水系 興部川・宇津川  (平成21年度より調査を開始)
    2. 雄武川水系 雄武川                (平成25年度より調査を開始)
 
 (2)  選定理由
      両水系の河口周辺では沿岸漁業が行われているとともに、上流には生活、工業、農業用等の取水施設があり、濁水が発生した場合には地域の方々の生活に影響が及ぼす事が考えられるため。
      また、雄武川水系の人工林で5ha未満の皆伐を実施しており、伐採による影響の有無を調べるため。
 
 (3)  調査対象箇所 
  興部川・宇津川

 

調査番号

調 査 箇 所

備    考

興部川・宇津川合流地点 合流地点下流側

         〃 合流地点宇津川上流

宇津川水道取水施設地点 取水施設下流側

         〃    〃   上流側

右ポンウツツ沢由美橋  
     

調査番号

調 査 箇 所

備    考

道道49号線稲士別橋付近 合流地点下流側

    〃     六郷橋地点 六支ノ沢

  〃   横田橋地点  
 
 (4)調査箇所の位置
 
       調査箇所の位置図 

 (5)森林整備の計画
  1. 令和2年度の事業計画
      
 
3 調査の方法
    定期的に調査箇所で、採水、濁度の計測を行います。また、大雨などが降った場合には、臨時 調査を行う場合があります。

 
<降雨時と無降雨時の定義と濁度の基準値>

 

定     義

基準値(NUU)

降 雨 時

降雨中又は降雨後2日以内

700

無降雨時

降雨後3日以上降雨がない日が続いている時

10


4 調査項目
 (1)  流域情報 
      流域面積、土地利用別面積割合、地質別面積割合
  (2)  採水情報
      調査年月日、採水時刻、川幅、水位、濁度、雨量mmh)
  (3)  備考
      上記の調査項目以外で、気付いた点があれば記載。
 
5 調査結果
 (1)  令和2年度調査 New!!
 
 (2)  調査箇所の写真 New!!
 
 (3)  調査結果(グラフ) New!! 
 
 

6 過去の調査結果
  平成23年度~令和元年度までの調査結果グラフ New!!

7 解説
    Q: 濁度(NTU)とは、何ですか。
    A: 濁度とは、水の濁りの程度を数値化したものです。
    河川の水には様々な物質が含まれています。河川の水の濁りの原因は浮遊土砂です。
     濁度計測では、河川水に含まれる浮遊土砂の量を直接には表すことは出来ませんが、濁りの度合いを数値化しております。
     濁度の単位は、「比較計濁度単位(NTU)で、水が濁っているほど数値が高い値になります。(※NTU=Nephelometric Turbidity Units)
          なお、本調査においては、HAC社製2100P濁度計測器を使用しております。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    Q: 「澄んだ水」の濁度はどのくらいですか。
    A:  「澄んだ水」と「濁った水」を明確に区別する基準はありません。
      濁度が10NTU未満であれば、見た目には透きとおって見えます。
     見る人によって違いますが、「明らかに濁っている水」と判断される濁度は100NTU程度と言われています。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    Q: 濁水と降水量には関係はありますか。
    A:  河川の濁りには、降水量や地質、土地の利用状況など多くの要因が関係しています。
     これまでの調査結果から、降雨時には濁度の値が比較的高くなっています。