スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2018年3月29日(木)


間隔


  ピラミッド紫 間 隔
ライン幅

 暗渠排水の間隔は、地形やほ場利用形態及び土壌の透水性、または近傍地区の実績を考慮して決定します。普通土壌では10~14m間隔を標準とし、特殊土壌(重粘土、泥炭土など)では8~12m間隔を標準とします。

※常時過湿、湧水などがある場合は、配線間隔の縮小、枕地処理、湧水処理などにより排水効果を高めます。

吸水渠の間隔

配線標準図 吸水渠施工

<上の写真>

特殊土壌(重粘土)のほ場において、10m間隔で吸水渠の施工をしている様子。奥の集水渠に接続して、排水路まで排水を流下させます。

   吸水渠 … 吸水渠は地表残留水や過剰土壌水分を捕捉し、集水きょに排水を導きます。

   集水渠 … 吸水渠の排水を集め排水路などまで流下させるとともに、自らも吸水します。

豆知識(暗渠排水)の他ページへ
      目的と効果  計画基準値  間隔  深さ  勾配と管径  補助暗渠  維持管理

 前に戻るボタン

 topに戻るボタン