スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 中部耕地出張所 >  豆知識(畑地かんがい)


最終更新日:2018年1月30日(火)


豆知識(畑地かんがい)


 ピラミッド紫 豆知識(畑地かんがい)ライン幅
畑地かんがいの効果
丸ボタン干ばつ被害対策 >> 畑地かんがいによって干ばつによる作物の被害を防ぎます。
丸ボタン風害対策 >> 春先の強風は貴重な表土や移植したばかりの作物の苗を飛ばすなどの被害をもたらすため、水を散布することにより被害を未然に防ぎます。
丸ボタン育苗・発芽などの
   初期生育促進
>> 雨の少ない5~6月におけるこの時期の気候と土壌水分をよく観察して作物ごとに適時、適量のかんがいを行うことが初期生育を促進させます。
丸ボタン新規作物の導入 >> ハウス野菜を含めた栽培作物の選択の幅が広がります。   
丸ボタン品質向上対策 >> 畑地かんがいによって生育条件をコントロールして高       品質な生産物の安定的な出荷が可能となります。
畑地かんがいが整備されている農地と整備されていな       い農地とのたまねぎの収量を比較した写真を紹介します。
作物別のかん水適期
 作物の生育段階によって水分の必要性が違ってきますので、実際に畑にかん水する場合は作物ごとの特性を知ることが重要になります。特に、水分が多くなることで、生育障害を引き起こすこともありますので、ここでは水を必要とする時期やかん水の注意点について紹介します。
>>> たまねぎ
>>> 秋まき小麦
>>> てん菜
>>> 馬鈴しょ
>>> 菜豆

前に戻るボタン

       topに戻るボタン