スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 網走農業改良普及センター >  美幌地区農業士会が夏期研修会を開催(美幌支所)

オホーツクの分類: 産業・経済 > 農業全般

最終更新日:2018年9月04日(火)

美幌地区農業士会が夏期研修会を開催(美幌支所)


 6月22日、美幌地区農業士会の夏期研修会が津別町で開催されました。

 毎年恒例の会員宅訪問に始まり、小麦の試験展示ほでは、新品種候補系統である「北見92号」(北見農業試験場育成・薄力粉用小麦)と「北海265号」(北海道農業研究センター育成・強力粉用小麦」の栽培状況を見学しました。また、(有)だいちでは、てん菜の労働軽減に向けた狭畦栽培の取り組みを、(株)カルビーポテト津別集荷センターでは馬鈴薯の集荷から出荷までの流れを見学しました。

 津別町内で行われている様々な取り組みにふれた皆さんは、その後、和気あいあいと活発な情報交換をされていました。

  参加者  

 テラドス

会員からの説明を聞く参加者

最新のてんさい収穫機(テラドス)に興味津々

 トップページへ  メニューへ