スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 網走農業改良普及センター >  秋まき小麦 ICT を活用した生産性向上(美幌支所)

オホーツクの分類: 産業・経済 > 農業全般

最終更新日:2018年8月10日(金)

秋まき小麦 ICTを活用した生産性向上(美幌支所)


 美幌支所では、衛星データ(NDVI値)を活用した秋まき小麦の低収要因を解析する取り組みを行っています。

 本年度は、秋まき小麦の収穫が例年より遅いスタートとなっていますが、調査は7月31日に津別町のほ場において、止葉期のNDVI値を元にほ場内5地点を選定し、小麦の刈り取りと土壌採取を行いました。

 今後、NDVI値と小麦の収量性、土壌理化学性の関係性について検討する予定です。

  収穫  

 干す

ほ場5地点を刈り取り

刈り取りサンプルを乾燥

 トップページへ  メニューへ