スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 網走農業改良普及センター >  JGAP指導員フォローアップ研修会が開催されました(本所広域)

オホーツクの分類: 産業・経済 > 農業全般

最終更新日:2019年7月29日(月)

JGAP指導員フォローアップ研修会が開催されました

(本所広域)

   6月24日、ホクレン訓子府実証農場において、「JGAP指導員フォローアップ研修会」が開催されました。
  この研修会は、オホーツク地域GAP導入推進会議が主催し、管内のJGAP指導員を対象に、実践的なGAP導入支援の手法を学ぶことを目的として昨年に続いて開催され、JA・自治体・普及センターなど22名が出席しました。
  研修会では、普及センターの浅田主査が、「GAPの導入手順」、「JGAP認証取得に向けた支援手法」を座学で説明しました。研修会の後半は、現地点検のポイントについて、本年5月にJGAP認証を取得したホクレン訓子府実証農場の機械格納庫をモデルに研修を行いました。同農場の佐久間主幹が肥料の保管管理、廃棄物の保管管理、労働事故に備えた救急箱の設置など、農場施設改善の内容を説明したほか、農薬保管庫の管理では、あらかじめ用意した改善箇所を研修参加者が見つけるトレーニングも行いました。
  オホーツク管内では、GAPに取り組む農場が年々増加していますが、より一層のGAPの普及推進には、地域で継続的に支援を行う指導員の育成も重要な課題です。今後もGAPの普及推進を通じて、オホーツク農業の持続的発展に向けた取組みを行っていきます。


(オホーツク地域GAP導入推進会議は以下の構成機関で組織されています)
北海道農政事務所北見拠点、ホクレン北見支所、JA北農会北見支所、オホーツク農協連、
網走農業改良普及センター、オホーツク総合振興局農務課(事務局)

 主幹

意見交換

現地研修では佐久間主幹(中央)から

農場施設改善の内容をご説明いただきました

農薬保管庫の改善箇所を

グループで意見交換しました 

 トップページへ