スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 農務課 >  「世界牛乳の日」「牛乳月間」について

オホーツクの分類: 産業・経済 > 農業全般

最終更新日:2018年5月31日(木)

「世界牛乳の日」「牛乳月間」について

 

~6月1日は庁舎食堂利用者に「オホーツクあばしり牛乳」を1杯プレゼント~

○ 6月1日は、国連食糧農業機関(FAO)が提唱する「世界牛乳の日」(World Milk Day)であり、世界中で牛乳に関する催しが開催されています。

○ 日本では(一社)Jミルクが6月1日を「牛乳の日」、6月を「牛乳月間」と定めており、国内でも医師や栄養士、研究者など関係者が一同に会してのフォーラムや、全国各地での牛乳工場見学をはじめとするイベントなど、国民に広く牛乳・酪農業を知っていただく取組が行われています。

○ 本道は、国内の生乳生産量の過半を占める「酪農王国」であり、その中でオホーツク地域は全道で3番目に生乳生産の多い地域であることから、振興局では、「牛乳の日」や「牛乳月間」を広く道民の皆様に知っていただくため、ホクレンや庁舎食堂(東京ケータリング株式会社)とタイアップし、牛乳の無償配付を実施することとしました。

○ 皆様も是非6月1日には庁舎食堂を利用して牛乳を飲みましょう!

○ そして、家族や友人・知人に「牛乳の日」「牛乳月間」を教えてあげましょう!

※牛乳無償配付は牛乳が品切れとなる場合がありますのでご了承ください。

※牛乳の日等の詳細は(一社)JミルクHP(http://www.j-milk.jp)を参照してください



   世界牛乳の日ポスター1世界牛乳の日ポスター2


このページに関するお問い合わせ
〒093-8585 北海道網走市北7条西3丁目
北海道オホーツク総合振興局 産業振興部農務課畜産係
電話番号:0152-41-0665
FAX番号:0152-44-0240