スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  東京農業大学生物産業学部とオホーツク総合振興局との包括連携協定

オホーツクの分類: 行政・政策・税 > 地域政策

最終更新日:2015年3月31日(火)


東京農業大学生物産業学部とオホーツク総合振興局との包括連携協定


東京農業大学生物産業学部とオホーツク総合振興局との包括連携協定


東京農業大学生物産業学部とオホーツク総合振興局は、オホーツク地域の活性化に向けて、相互に連携・協力しながら協働事業に取り組むこととし、平成27年3月21日に協定を締結しました。


調印式の様子 森田振興局長ほか関係者4名が横一列にならんで正面を見ている様子

      
(写真)左から、渡部東京農業大学副学長、宮川紋別市長、森田オホーツク総合振興局長、黒瀧東京農業大学生物産業学部長、水谷網走市長





調印式の様子 森田振興局長と黒滝学部長が会場内の関係者に協定書を見せている様子


(写真)左から、森田オホーツク総合振興局長、黒瀧東京農業大学生物産業学部長



この協定に基づき、オホーツク地域政策展開方針に掲げる「重点プロジェクト」等の各種施策について、東京農業大学生物産業学部との協働により、効果的に推進していきます。


 

協定の内容

オホーツク総合振興局と東京農業大学生物産業学部は、この協定に基づき、次の項目において連携・協力していきます。
(1)地域産業振興に関する事項
(2)環境保全及びまちづくり、地域づくりに関する事項
(3)地域の国際化、国際交流に関する事項
(4)教育・文化振興、生涯研修の推進に関する事項
(5)就職支援に関する事項
(6)その他、協議により必要と認められる事項

 


関連リンク


東京農業大学生物産業学部
道庁(広報広聴課)
 


道と民間企業との協働の推進について(参考)

 近年「企業の社会的責任(CSR=Corporate Social Responsibility)」 として、社会貢献活動に積極的に取組む民間企業が増え、民間企業が新たな「公共」の担い手として期待されています。
 道では、道のみでは対応困難なサービスや、より効果的なサービスの提供のため、民間企業との協働を推進しています。