オホーツクールアクション(振興局の率先行動)

オホーツク総合振興局では、2050年までに温室効果ガスの排出実質ゼロを目指すゼロカーボン北海道の実現に向けて、振興局が率先して、温室効果ガス削減の取組を行っています。

庁舎での取組

太陽光パネルの設置

庁舎写真 (PNG 520KB)

オホーツク総合庁舎では、平成22年(2010年)より庁舎屋上に太陽光パネルを設置し、自家発電した電力を庁舎内電力の一部として使用し、温室効果ガス削減に努めています。

また、令和3年(2021年)は、年間電力使用量(424,921kWh)のうち、約11%(47,048kWh)を太陽光発電でまかない、年間で26.1t-CO2の二酸化炭素を削減しました。

【過去3年の太陽光パネル活用状況】

  年間電力使用量 太陽光発電 割合 CO2削減量
令和3年 424,921 kWh 47,048 kWh 11% 26.1 t-CO2
令和2年 447,904 kWh 43,806 kWh   9% 24.3 t-CO2
令和元年 457,890 kWh 46,746 kWh 10% 25.9 t-CO2

職員の取組

オホーツク総合振興局職員が脱炭素に向けたライフスタイル・ビジネススタイルの転換につながる取組を実施しています。

ゼロカーボン推進員の設置

振興局各課等に各1名計43名の「オホーツク地域ゼロカーボン推進員」を設置し、脱炭素の取組を推進しています。

Hokkaido海のクリーンアップ大作戦!への参加

北海道SDGs推進プラットフォーム(事務局:コープさっぽろ)が主催する、できることからはじめる、北海道の海をみんなできれいにしていく「Hokkaido海のクリーンアップ大作戦!」に振興局職員が率先して参加しました。

日時:令和4年(2022年)6月18日 10:00~11:00

会場:北見地区 網走市海岸町(網走市北11条東1丁目)

内容:海岸のゴミ拾い

職員参加人数:45名

IMG_2092 (JPG 116KB)

IMG_2098 (JPG 107KB)

カテゴリー

環境生活課のカテゴリ

page top