食中毒警報

食中毒警報について

発令状況

細菌性食中毒の発生しやすい高温多湿な気象が予想される場合、

食中毒警報を発令し、食品の取扱いや衛生管理について注意を喚起しています。

現在の発令状況

食中毒警報は発令していません

発令番号                   号 

発令区域          北見保健所管内一円

        北見市、美幌町、津別町、訓子府町、置戸町

有効期間     令和6年(2024年) 月   日( )10時00分か

   令和6年(2024年) 月   日( )10時00分ま

 



 

 

 

 

 

北海道の発令状況

全道の発令状況はこちら

 

 

発令基準

以下のいずれかの条件に該当した際に発令します。

 

1.日最高気温28℃以上が予想される場合

2.前2日間のそれぞれの日最低気温が20℃以上で、かつ湿度が85%以上の場合

3.前2日間のそれぞれの日平均気温が23℃以上で、かつ湿度が85%以上の場合

4.その他警報発令者が特に必要と認める場合

 

 

食中毒の予防方法

警報が発令されたら、食品を扱う際は、特に以下の点に注意してください。

  

食中毒を防ぐ3つの原則6つのポイント

ご注意ください!お肉の生食・加熱不良による食中毒

家庭と自分を食中毒から守る予防法(動画)

家庭でできる食中毒予防の6つのポイント (リーフレット各種)

食中毒予防のポイント   

 

 

食中毒予防三原則

つけない

・トイレ後、調理前、生の肉魚に触れた後は必ず手を洗う。

・生の肉魚を扱ったまな板や包丁は、洗剤で洗い殺菌する。

・食品の保管には、密閉容器やラップを使用する。

・食品に直接触れる時は使い捨て手袋も使用する。

ふやさない

 ・冷蔵10℃以下、冷凍-15℃以下で保管する。

・生鮮食品や惣菜は、購入後できるだけ早く冷蔵庫に入れる。

・解凍は電子レンジまたは冷蔵庫で行う。

・冷蔵庫を過信せず、なるべく早めに食べる。

やっつける

 ・食品は中心部までよく加熱する。

(細菌:75℃1分以上、ウイルス:85~90℃で90秒以上)

・ふきん、まな板、包丁などは、洗剤で洗い殺菌する。

(熱湯、アルコール製剤、次亜塩素酸ナトリウム 0.02%)

 

カテゴリー

北見地域保健室(北見保健所)のカテゴリ

お問い合わせ

オホーツク総合振興局保健環境部北見地域保健室(北見保健所)生活衛生課

〒090-8518北見市青葉町6番6号

電話:
0157-24-4171
Fax:
0157-24-4199
cc-by

page top