森林室の紹介

森林室の紹介

1 西部森林室の役割

 当森林室は、木材の供給や森林の整備などを通じて地域振興への寄与、森林所有
者等への林業普及指導や木育を通じた協働の森林づくりを推進しています。

西部森林室庁舎

西部森林室庁舎

2 西部森林室の主な業務内容と組織図

組織図

3 オホーツク総合振興局西部森林室組織の沿革

沿革表
元号 西暦 沿革の内容
大正 元年 (1912年) 国から14,309haの森林を譲与
大正 2年 (1913年) 国から30,694haの森林を譲与
大正 7年 (1918年) 国から21,530haの森林を譲与
大正元年から昭和22年まで、地方費森林事務所などの旧組織により管理
昭和22年 (1947年) 興部林務署を設置
昭和33年 (1958年) 雄武林務署を設置
昭和49年 (1974年) 興部林務署庁舎(現庁舎)落成
平成 6年 (1994年) 興部林務署と雄武林務署を統合し興部道有林管理センター
と改称し、雄武林務署はセンターの地方機関となる。
平成14年 (2002年) 興部道有林管理センターと紋別・興部・遠軽の林業指導事務所を統合、
雄武林務署を廃止し網走西部森づくりセンター及び遠軽事務所を設置する。
平成16年 (2004年) 支庁長の所管に属する出先機関となる。
平成22年 (2010年) 支庁制度改革に伴い、総合振興局(旧支庁)の内部組織となり、
オホーツク総合振興局西部森林室となる。

 

カテゴリー

西部森林室のカテゴリ

地図

page top