中部耕地出張所の沿革


中部耕地出張所の沿革


 pyramid21-10-16px.gif 中部耕地出張所の沿革gradation22.gif

 オホーツク総合振興局中部耕地出張所は、昭和50年8月に開設され平成27年に40周年を迎えました。

jimusyo-2-11-12.jpg

ume.jpg


年         表

  昭和50年度

 網走支庁中部耕地出張所開設(所長、管理係、工事第1係、工事第2係)

  昭和56年度

 「主査(用地)」を設置

  昭和58年度

 「主査(用地)」を廃止、「用地係長」を新設。
   「工事第3係」を新設。

  昭和62年度

 「次長(工事)」を新設。

  平成 6年度

 「次長(事務)」、「主査(補償)」を新設。

  平成11年度

 「主査(設計)」を新設。

  平成18年度

 北見市、端野町、常呂町、留辺蘂町の合併に伴い、旧常呂町を東部耕地出張所から中部耕地出張所へ所管替えを行う。                       「用地係長」を廃止、「主査(事業用地)」を新設。

  平成22年度

 「オホーツク総合振興局産業振興部中部耕地出張所」に名称変更。「主査(品質確保)」を新設。

    平成26年度

  「主査(補償)」を廃止。

    平成28年度

  「次長(事務)」、「主査(事業用地)」、「主査(品質確保)」を廃止、「主査(事業調整)」を新設。
  

   現在の職員数は17名で、管内(北見市、津別町、訓子府町、置戸町、佐呂間町)の農業農村整備事業にかかる調査設計、工事等を行っています。

【平成9年以前の中部耕地出張所】

【現在の中部耕地出張所】

izennnotyousya.jpg

tyuubupic320px.jpg

出張所の概要ページに戻る

topbotan.jpg

カテゴリー

page top