美幌地区農業士会 冬期研修会が開催されました(美幌支所)

美幌地区農業士会冬期研修会が開催されました!(美幌支所)

1月24日に美幌町で、美幌地区農業士会冬期研修会が開催されました。当日は、美幌地区の指導農業士、農業士、農業研修生、町・JA・振興局農務課職員等の関係機関を含め65名の参加がありました。研修会の内容は、情報提供として、美幌みらい農業センター午来所長より「美幌町における農村ツーリズム事業について」、基調講演では、北海道農政部渡邉農業経営局長より「北海道農業に期待すること」について、お話をいただきました。そのほか、普及センターから「サイレージ用とうもろこし品種比較試験」、「ながいもマルチング効果確認試験」、「津別町におけるでん粉原料用ばれいしょ『コナヒメ』、『コナユタカ』地域適応性試験」、「雪踏みによる土壌凍結深制御技術について(秋まき小麦)」の4課題について話題提供を行いました。午来所長からは、修学旅行生の農家民泊受入事業の推進により地域活性化を目指す取り組み、対価を得るアグリビジネスとしての農家民泊のあり方について情報提供いただき、地域活性化には地域農業者の果たす役割は大きいことが、改めて実感できました。そして、渡邉農業経営局長から「地域の実情や課題は、地域の「指導農業士」・「農業士」が一番よくわかっている。今後も、地域の担い手育成や確保への支援、経営改善や地域農業の振興に向けた活動を期待しています。」との激励の言葉をいただきました。今後も普及センターでは、地域担い手の育成や資質向上に向け、美幌地区農業士会の活動を支援していきます。

 bihotopicsh31_7_3.jpg

キャプション

bihotopicsh31_7_1.jpg   

bihotopicsh31_7_3.jpg

美幌地区農業士会後藤会長より挨拶 午来主幹(所長)より、「美幌町における農村ツーリズム事業について」説明
 

bihotopicsh31_7_4.jpg

 

bihotopicsh31_7_5.jpg

渡邉農業経営局長より、「北海道農業に期待すること」と題し、基調講演

普及センター職員より、畜産、園芸、畑作関係の試験結果や新技術について話題提供

カテゴリー

網走農業改良普及センターのカテゴリ

お問い合わせ

オホーツク総合振興局網走農業改良普及センター

〒090-0008北見市大正320番地8北見合同庁舎内

電話:
0157-36-1421
Fax:
0157-36-0016

page top