「砂糖及びでん粉の価格調整制度の概要に関する研修会」を開催しました!(網走支所)

「砂糖及びでん粉の価格調整制度の概要に関する研修会」を開催しました!(網走支所)

令和2年1月8日、オホーツク総合振興局合同庁舎にて、網走支所が主催する「砂糖及びでん粉の価格調整制度の概要に関する研修会」を開催し、関係機関約35名が参加しました。講師に、ホクレン本所てん菜業務課古川課長代理及びホクレン北見支所米麦農産課野田課長の2名をお呼びし、砂糖とでん粉の情勢や生産状況、価格調整制度など、詳しく教えていただきました。

砂糖の原料であるてんさい及びでん粉の原料であるばれいしょは、どちらも栽培する上での労働負荷が高いため、作付面積が減少している状況です。また、価格調整制度は、安価な輸入品から調整金を徴収し、その額を国内の生産者や工場に交付金として支援を行うことで、経営を守るといった内容でした。

てんさい及びばれいしょの作付けは、生産額や雇用などに大きく影響を与えているため、地域経済を守る上で必要な制度だとわかりました。価格制度の話は、詳しく聞く機会があまりないため、今後の普及活動に活かせる、とても有意義な研修会となりました。

abatopicsr1_2_1.jpg

砂糖について説明している古川課長代理

abatopicsr1_2_2.jpg

真剣に説明を聞く参加者

カテゴリー

網走農業改良普及センターのカテゴリ

お問い合わせ

オホーツク総合振興局網走農業改良普及センター

〒090-0008北見市大正320番地8北見合同庁舎内

電話:
0157-36-1421
Fax:
0157-36-0016

page top