「令和2~3年度 第1回北見地区農村ゼミナールを開催」(網走本所) 

令和2~3年度第1回北見地区農村ゼミナールの開講(本所)

令和2~3年度第1回農村ゼミナールを11月6日に開催し、地区内の農業青年および農協若手職員から受講生21名が参加しました。

今回は、午前に普及センターで開講式と「土壌の基礎」に関する講義を行い、午後から実習としてJAきたみらい農業技術センターで「土壌断面調査」を行いました。「土壌の基礎」の講義では、“良い土” “悪い土”とはどのような状態を指すのかを学び、実際に土壌サンプルに触れて、腐植含量と土色の関係、土性の特徴や違いについて体感してもらいました。午後の「土壌断面調査」では、ほ場に深さ約1mの「穴」を堀り、土壌断面の硬度、腐植含量、土性等を調査し、午前中の講義内容について理解を深めてもらいました。

受講生からは、「作物に対して土壌が大きな影響を持っていることを学ぶことができた」、「実際に触って、土の違いを知ることができたので自分の家の土も少し意識して見ようと思う」などの声が聞かれました。

今後も地区内の農業青年の技術力向上を目指し、実習を中心とした内容でゼミナールを開催していきます。次回は11月17日に「農家経済」、「農作業安全」の講義と「JAきたみらい選果場」の視察を行います!

 

hontopics_R02_6_1.jpg

土壌サンプルを触って土性の違いを確認

hontopics_R02_6_2.jpg

硬度計で土壌断面の硬度を測定

 

カテゴリー

網走農業改良普及センターのカテゴリ

お問い合わせ

オホーツク総合振興局網走農業改良普及センター

〒090-0008北見市大正320番地8北見合同庁舎内

電話:
0157-36-1421
Fax:
0157-36-0016

page top